エイシンの人と仕事

川畑 浩次

エイシンの人の声 01 環境事業部 川畑 浩次 2013年入社

安全に、着実に、仲間と一緒にやり遂げる達成感は最高!

内装解体工事や内装工事で発生した産業廃棄物を可燃物と不可燃物とに分別する中間処理場で、現場管理業務を任されています。多い日には4トントラック15台ほどが搬入を行う中、いかに効率よく作業を進めるかが腕の見せどころ。スタッフ一人ひとりに適切な指示を行い、安全かつ着実に業務を完了させた時の達成感が新たな意欲につながります。帰宅して妻と子どもの笑顔に迎えられた時にも幸せな気持ちになりますね。みんなで力を合わせて頑張るのが好きな人、ネクタイを締めた堅苦しい仕事は苦手という方にもオススメです。

谷 義治

エイシンの人の声 05 環境事業部部長 谷 義治 2008年入社

自分の現場体験を働きやすい環境づくりに活かしています。

入社8年目の私は現在、従業員や施設、車両、売上の管理を任されています。もともとドライバーとして入社し、数年間現場を支えてきただけに、スタッフの気持ちはよくわかるし、頑張りはきちんと評価しているつもり。目配りと気配りを大切に「おかげで助かったよ」「ありがとう」と声掛けを行っています。一緒に仕事をしたいと思う人物像は、まじめでポジティブ思考の方。また向上心旺盛で、もし取得を目指す資格が仕事に活かせるなら、ぜひサポートしたいとも考えています。趣味はゴルフと飲みに行くこと。ご縁があれば、ぜひご一緒に!

滝本 梨花

エイシンの人の声 03 八潮エコ 滝本 梨花 2018年入社

“笑顔は笑顔を生む”をむねに ご来店頂く皆様と接しています。

産廃処理って?て右も左も判らず入社してはや2年半。とても頼もしい先輩方、また関連部署の皆さんに支えられ、気付けば様々な業務をこなせる様になりました。日々色々な建材の産廃が工場に納品されますが、私の携わっているお仕事は”取引先様に代わって適正な産廃処理を担う“こと。緊張感もありますが、いらっしゃったお客様に名前を憶えて頂いたり、他愛もない世間話とあわせて『またお願いね!』と言っていただけたりして、人と触れ合う嬉しさを感じながら業務に励んでいます。明るさと笑顔をモットーにしていますので、是非ご来社いただいた際は、気さくに話しかけて頂ければと思います。